2015.03.07記

マドリードは満月です。夜空が青いなあ。
フラメんこの皆さん、はばじゅうう!お久し振り。マドリードのアトリエで、静かにほろびつつありますよ。へレスでは今ふえすていばるだってね笑。
さて、わしはひまだから、マヌエル・アぐヘタ、デイエゴ・アぐヘタ、、ミゲル、と電話でしゃべってるよ。いいなあ、あいつらは!笑。へレスに呼ばれたが安いから行かねえ!ってさ笑。素晴らしきやせ我慢!
他のフラメンコ達は、今や、皆んな、文句なく、大なり小なり商業主義に毒されてる。はい?商業主義って何ですか?というくらい、どっぷりつかっているわけよ。パコデルシあ以来そうだから、もう、新しいヤングフラメンコたちは、パコが古典なんだから、パコ自身がいくら、口を酸っぱく、古いカンテを聞け!と昔を指さして、言ったってもうだめよ!皆パコの、指の方を見てるんだから。今ごろ、かまろんとパこの商業主義的レコードを批判したって、もう、そっちのほうが与党なんだから、今の安保反対デモより意味ないのよ。立て万国の労働者!といったって、あれこそが革命だったのだ、となっちゃうのよ。もう、古いカンテ!なんて言ったって、はい、そうですよねえええ、ってなもんよ。空回り。誰も、泣かないのよ。カンてはもはや、泣くもんじゃないのよ。フルフル気持ちいい貧乏ゆすりなの。
昔、ラファエル・ロメろ爺さんがわしに言ったよ。ポケットに小銭がはいってたら、何で歌うもんかね。ってさ。そこで、なるほどねえええ、と納得してるあなた!あなただって、そうでしょ?小銭があると、誰だって、耳触りのいいものが良くなるんだよ!だから!あぐヘタなんて、もう、捨て子ザウルスだよ!
しかし、皆さん、古いカンては、いいよう!ほんとに!ウイスキーと、かんては、古いほどいい!わしがそういうと、必ず、新しいのもいいですよ、っていう声がしてくるのさ。しかし、わしはその正体を知ってる。そういう人は、古いカン手を、良いもの、とは知っているが、それを人生に必要としてないの。ウイスキーは飲むが、しんみりいいのを飲むんじゃなくて、合コンに必要なだけなの。ま、それも、人生。わしが、今、あえて、意地悪く、日本のフラメンコに指摘しておきたいのは、心の底からしびれないのに、自分をだまして、ひとには賢く見せようと思って、古いカン手も良いですよねええ、なんて言わないこと!その台詞自体に嘘がある!分かりますか?アーチストは、まず、率直であること!次に、わかりません!などと、ひらきなおらないこと!謙虚に、一人恥じて、なんとか分かろう、感動しようと、ひそかに努力すること!
失礼ながら、日本のフラメンコたち、特に、踊りの皆さんは、大部分、カン手の味わいが分かってない!感じてないのに、感じたふりをしている。かおみりゃ分かるんだよ。いや、ベッドの話じゃありません。感じたふりして踊ってる。笑。ばれないとおもって!しかしね、実は、みんな半分の客はわかってるのさ。ただ商売のじゃましちゃ悪いから、黙ってんの。フラメンコの核心は、カン手です!こんなことだって、一昔前には、日本じゃそれを言っちゃあおしまいよ、だったのさ。また失礼ながら、ギタリストさん達だって、そんなにはかんてをわかってないひともいる。音楽的には理解しててもね。。。そんなわけだから、日本じゃ、耳触りのいいカンて、いかにもカンてっぽいカンて、汗かいてますううみたいなかんて、、踊りやすいカンて、ヒターノそっくりなかんて、などなど、にせものばかりざんす。じゃあ、本物って、何さ?、、、実は、スペインだって、偽物ぞろいです!心、を語るより、心地よきもの、耳障り良きもの、がモテモテてます。もちろん、ファミリー内のフィエスタ、なんかは、全く別だけど。ね。しかし、日本には、そんなもん、未だないから、うわべがきれいなもの、舞台でよく映えるもの、がいいと思っちゃう!じゃあ、カルメン・りなーれすなんかどうですか?なんて、言われちゃうから、嗚呼!道は遠いんだよ。まだまだ!!分かってくれ!感じてくれ!いや、今すぐはまだわからんと思うから、わしが生きてるうちに、愛をこめて言っとくよ。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

books

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログパーツUL5