2013.11.16 記

ほんとのこというと、わしはグルメのふりしてバスクの3ツボシレストランなんかくいあるいてるが、食い物なんか大嫌いだ。食わずにすむならどれだけいいか。若いもんはすぐ、食えない、とか、生活が、とか抜かす。してろ!わしはまっぴらじゃ。

めったにしないが冷蔵庫の奥を探るとラップにつつんだハンバーグらしきがでてきた。わしは料理がダイっ嫌い。5ふんで終わってしまう食欲のためになんで半日も費やすのか?信じらんない。しかしこれを職業としてるひとはわしは尊敬する。虚無に全力をかけるのはアートだからだ。しかし手前一人で旨いもんつくって食いましょうなんてえのは、わしは信じらんない。わしが自分でつくるものは全部不味い。野菜炒めでも目玉焼きでも不味い。唯一インスタントラーメンと納豆パンだけはゆるせる。

さてそのハンバーグらしきをフライパンで炒めてみた。解凍はきのうから冷蔵庫でしている。しかしまだカチカチだ。炒めてみるとなんだか獣くさい。腐ってんじゃねえのか?納豆パンばかり清らかにくってるから肉がくさくかんじるんじゃないか?大体いつのハンバーグだよ。誰が? 饅頭ライクにまるくなってるからなかなか中までひがとおらない!なんでせんべいみたいに薄くしとかねえんだ!なかはあかいまんま冷たい。冷凍なんてかんがえたやつは呪われろ。 わしの豪邸中獣くさくなってわしはハタとわれに返り、火をとめて捨てた。
冷凍は臭い。腐る。 テレビをみるとどこかのババアが、レシピがどうのといってる。なあにがレシピだ!レシピでめしがつくれるのか!嘘つきめ。

わしは食い物を憎む。なくてもいい。しかしないと死ぬからすこし最小限あればいい。 諸賢が、白痴のように真っ白なお宅の壁に、一枚のアートも絵もなくて、ケロッとして生きておるように、わしは、諸賢がそんなに大切にしている食い物なんかなくても、諸賢のようにカエルの面にションベンで、ケロりとして生きていきたい。

関連する記事

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

books

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
ブログパーツUL5